ひとこと

― 今日のひとこと ―
印刷情報取得モジュールをアップロードしました。
https://bitbucket.org/marolabo/public
(2018.02.20)

2016年11月11日金曜日

他部署とのすれ違い

なんとも気に入らないことが起きている。
後々の自分がどう思うかはわからないが、メモしておこう。

----------------------

うちの会社には品質管理やユーザサポートを行う部署がある。
そのサポート部で使っている社内システムを大幅に改修する必要が出てきた。
矢面に立たされたのが僕である。
(DBスペシャリスト持ってんなら余裕だろ?みたいなのり。ほんとに。)

改修するのは次のような特徴をもつシステムだ。
・ある情報を集積する親DBがある。
・親DBの情報を変更(insert/delete/update)するツールがある。
・親DBを複数の子DBに分割するツールがある。
・週に一度のペースで使用される。
・その業務の重要度は高くない。
・数年前に在籍していた1人の社員がすべて作成した。

このシステムで使用されているツールやDBを調べてみたところ、
なんと雑なつくりであることか!
・メモリを0クリアするmemset()が全く同じ引数で2行連続して記述されている。
・テーブルに制約が一切定義されておらず、ツールの不具合で複数のIDが重複している。
・上記不具合が原因でレコードのデータが壊れている。
・integer型であるIDの最大値を取得するためにレコード全件取得してforループ探索
・手動で実行しなければならないプログラムが10個近くある。
などなど。

いくら零細なうちでも製品なら当然こんな品質ではリリースできないんだけど、
いやこれ作ったやつDB素人だろ・・・コーディングもかなりてきとーだし
まさか開発部員じゃないよね?管理部とかのおじちゃんが暇なときに作ったんだよね?

結局、あまりにも問題点が多いことが発覚したため
別DBMSへの移植やツールの新規開発など、全体の改修を僕が一人で行う羽目に。

----------------------

しかし、ここまでは別に良いのだ。
やることは多いし運用中のものだから制約も色々あるが、やってできないものではない。

システムのどこをどう変更するのか、
新規開発するツールはどんな位置づけなのかを明確にして先週末
現在そのシステムをサポート部で使用しているFさんに
「こういうツールを作る。使用上、最低限必要な要件があれば教えてくれ」と伝えた。
時間がもったいないので「テキストで箇条書きでいい」とも付け加えておいた。

そして今週の金曜つまり今日、Fさんから渡されたのは
30ページを超える画面設計書だった・・・。

----------------------

実は、今週の頭あたりにも「箇条書きでいいんで」と念を押しておいたのだ。
現行ツールの機能のうち必要なものを挙げてくれればいい、と思っていたし伝えてもいた。
設計書チックなドキュメントを作っていたのにも気付いていたから、
「画面設計とかは要らない」とも言っておいたのだ。
それがなぜ。。。

----------------------

今日の午後、サポート部のえらい人とFさんと自分とでミーティングをした。
本来はそこで要件をヒアリングするはずだった。予定表にもそう書いていた。

そこで画面設計書のレビューが始まったのである。

各画面のレイアウト、コントロールとイベント、メッセージ定義・・・
章立てはともかくそれぞれの内容は実装面を考えていない部分が多々あり、設計書としては正直いって新人レベルである。
滔々と数十分間の説明を受けた後、
「要件はだいたいわかったが、画面の詳細や画面遷移などについてはこの通りにはならないだろう」
と言ったところ
F「は?じゃあその部分は事前に設計書つくってくれるんすよね?」
F「勝手に変えられて使い辛いもんができたらまた作り直してもらわないといけない」

「・・・これってやっぱり設計書だよね?要件をだしてと伝えておいたはずだけど」
F「これは要件定義だよ!」

いや設計書以外の何物でもないだろ
と言おうかと思ったけど、ここまでの彼の行動を見ている限りでは、きっと無駄だろう。
彼の資料は無視して、今後は彼の上司と話をしよう。

----------------------

こんな感じだったわけだけど、以下、気に入らないポイント

そもそも今回の改修はシステム的な問題を解決するためのものであって
自動化できるところができていないとかならまだしも、
ツールの使い勝手がちょっと悪いから作り直し、なんてことはしない。
というか操作性だって、ど素人のFさんの案よりは良いものを作れる自信がある。
現行品以上は保証するが改善要望は必ずしも反映しない、とはあらかじめ伝えておいた。
なぜなら自分の主業務は他にあるから。あまり時間をかけられないのだ。

そしてウォーターフォールに則って進めるのが絶対に良いとFさんは思っている。
事前に設計書をつくれ、自分に見せろという口ぶりからそう伺える。
でもこれ、僕が一人で作る、ほんの数人のサポート部が使うツールだぞ?
小規模なアプリケーションだし、充分な保守性を保つのに設計書なんていらない。

もちろん後々のための必要な資料は作るが、納品するわけでもなし
実装後に作ったとしてもまったく問題ないはずだ。
むしろ本気で作りこんだ設計書なんか見せても素人たるあんたにはどうしようもないだろ。
考えが凝り固まっていて非効率、しかもその考えを押しつけようとしている。

ひと回りも年上なんだからもっとちゃんとしてくれ。。

----------------------

そして最後にひとつ
これはFさんとは別の他部署の人なんだけどさ

ソフトウェア系の学科出てるのにSQLまったくわからんってなめてんの?(激怒)

そんなんだから年下かつ新顔の自分より等級ひくいんだよ
うちの会社やばい人がちょくちょくいるんだよな・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿